任意監査

-ひかり監査法人のサービス-

1.東京プロマーケット上場会社の監査

ひかり監査法人は、東京プロマーケット(TOKYO PRO Market)上場会社の監査を行います。東京プロマーケットとは、東京証券取引所が運営するプロ投資家向けの株式市場です。東京証券取引所が運営する市場としては、一部、二部、マザーズ、ジャスダック(JASDAQ)等がありますが、これらは広く一般投資家に株式が公開されるのに対して、東京プロマーケットは特定のプロ投資家のみを対象としている点で異なります。ただし、上場会社としての財務報告の信頼性確保の必要性は他の市場と変わることなく求められるため、取引所規則に基づいて監査法人による会計監査が必要となります。ひかり監査法人では、J-adviserとも連携しながら東京プロマーケットへの上場準備の段階から助言・サポートを行うとともに、会計監査を通じて組織的な経営体制を構築することを支援します。

2.シンジケートローンにおけるコベナンツ対応

企業が金融機関から多額の資金調達をする場合において、契約条項の中で財務諸表に対する監査証明書の提出が求められるケースがあります。契約内容にもよりますが、会社法に準じた監査や「中小企業の会計に関する指針」に準拠しているかどうかの監査など、金融機関から求められる水準の監査業務を提供することが可能です。

3.監査役、監事の会計監査の補助

会社法監査や学校法人、社会福祉法人等、法定で監査が求められる場合以外においても、監査役、監事の職務の範囲としては会計に関する部分も含まれます。しかしながら、知識・経験がない場合、過度な責任負担になりかねません。そのような場合には、法定監査に準じた監査を行う事により、監査役、監事の監査に資する目的の任意監査が必要となります。

4.業種的に監査が要求される場合

特に金融機関等で監査が法定とされていないが、社会的な影響の重要性から、事実上、監査が必要となる場合があります。

5.新設会社の垂直立ち上げのため

会社を新設した場合、初年度から任意監査を行う事で、あるべき会社の内部統制の構築や経理機能の能力アップを一気に図る事が可能となります。

サービスTOPへ戻る